Doma 2は日本人の方が開発したものなので、日本語のドキュメントは充実しています。
Welcome to Doma — Doma 2.0 ドキュメント
しかし、JavadocがWeb上に公開されていません。Doma 1ならあるのですが。
★2014/12/04訂正
こちらにありました。
http://www.javadoc.io/doc/org.seasar.doma/doma/2.0.1
Doma作者の@nakamura_toさんからご連絡いただきました。ありがとうございます!


ということで、ソースコードから自分で作ります。
事前に、doma-2.0.1-sources.jarは、Gradleの依存性追加で既にローカルにあるものとします。
僕の場合は、C:Users<UserName>.gradlecachesmodules-2files-2.1org.seasar.domadoma2.0.1d281823fdd3409a2d5bd22c9caf33e32de2b085fフォルダにありました。

まず、適当にJavaプロジェクトを作ります。
プロジェクトのプロパティーで、文字コードはUTF-8にしておきます。
そして、Eclipseで[インポート]→[一般]-[アーカイブ・ファイル]で上記のdoma-2.0.1-sources.jarを選択します。
すると、全ソースがインポートされます。
f:id:MasatoshiTada:20141203160511p:plain

次に、Javadocを生成します。
プロジェクトを右クリックして[エクスポート]→[Java]-[Javadoc]を選択します。
f:id:MasatoshiTada:20141203160613p:plain
次の画面は、とりあえずデフォルトのままでOKです。
f:id:MasatoshiTada:20141203160728p:plain
次もデフォルトでOKです。
f:id:MasatoshiTada:20141203160812p:plain
[追加のJavadocオプション]に「-encoding UTF-8」を追記し、[JREソース互換性]を[1.8]にして、実行です。
f:id:MasatoshiTada:20141203160928p:plain

すると・・・
f:id:MasatoshiTada:20141203161256p:plain
プロジェクト直下のdocフォルダに、Javadocが生成されました!

で、index.htmlをブラウザで開けば・・・
f:id:MasatoshiTada:20141203161402p:plain
おおお、Javadocが表示されました!

ブックマークに登録しておけば、いつでも見ることができますね。

以上です。